ウエディングドレスのお話

こちら軽井沢もやっと桜が満開になりました。今日は少し風が強かったものの桜を愛でたくて、
スプリングコートを羽織りながら近くにお散歩に出掛けました。
春の香りがして深呼吸しながらゆっくりと歩いてみました。深呼吸してますか?みなさんは。
空をちゃんと見ていますか?季節の香りを感じてますか?

私はお客様にご依頼を頂くとすぐにご案内するのが「ドレス決め」です。
これは様々な意味があるんですがちょっとそこは置いといてウエディングドレスのお話です。

ドレスってたくさんのラインがあるのは皆さんご存じだと思います。
正統派のAライン・可愛らしいベルライン・プリンセスライン・大人なマーメードライン・ナチュラルなエンパイアライン等

ゲストハウスやホテルでの結婚式ではAラインやプリンセスラインを選ぶ方が多くて、
グアムのチャペルだったらAライン・プリンセスが多く(チャペルが華やかだからかな?)同じグアムでもビーチならエンパイアやマーメードが
多いです。みなさんロケーションに合ったドレスを選ぶのがとっても上手で、何着も試着して決めているからよく似合ってます。

日本人は圧倒的にレンタルですが欧米では圧倒的にセル(購入)なので1年前からドレスの準備を始めます。
セールなんて行くと凄いですよ。本当に。試着をするのにタンクトップ・スパッツな思い切り簡単な恰好で来て、さくさく試着をしていくんだから。

ドレスに自分の体形を合わせていくので、ちょっと失礼な話「え?あなたがこのドレスを着るの??」的な場面はいくつもみました。
答えはいつも「そうよ。今からダイエットするんだから!」なかなかクールな答えですよね。
丈もちょっと長いんじゃない?ってこともしばしばで「問題ないわ。ここから仕立て直すから」そうですよね〜。自分のドレスだから
いくらでもアレンジできますよね。

この辺りが日本のスタイルと大きく異なるところで、まず自分の好きなデザインのドレスを選ぶ。気に入ったデザインがあれば、
そのドレスのサイズ展開を聞く。あれば大丈夫ですが無かったら残念なことにそのドレスは諦めてしまうことになるんですよね。
ちょっと寂しいですね。

それから丈なんかも日本では仕立て直すことはレンタルだから出来ないので、何で丈を合わすかと言うとヒールの高さで合わせるんです。
8㎝ヒール15㎝ヒールで自分の背をヒールで伸ばすことによって丈を合わせてます。

だから衣装決まったら「決まったんだけど15㎝ヒールとかはいたことないから怖い〜」って話はよく聞きます。
確かに15㎝は怖いですよね。私も仕事柄8㎝以上のヒールはよく履くけど15㎝さすがに怖いです。

レンタルはレンタルのメリット・デメリットがありセルはセルのメリット・デメリットがありますので、ドレスを選ぶ時はよく考えて
どの方法で手配するのが一番ベストなのか考えて見て下さいね。

皆さんにも運命の一着に合えますように。ちなみに私の運命の一着は主人が私より先に運命の1着に出会ってしまい「これにしよう」って
ことで(笑)
初めて知りましたよ。男の人にも運命の1着があるってことを(笑)

フリーランスウエディングプランナー
小川 真知子
32200581_424x636[1]

カレンダー
« 8月 2017年11月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
ウェディングプランナーへのお問い合せ
カテゴリー