道標でありたい

お打合せで毎回私が想う事。
それは、お二人の道標でありたいと想う事です。
resize[5]
結婚式はお二人にとって初めてのコト。
長いご準備期間中に悩んだり、思わぬ壁にぶつかったりと色々ありますね。

私は最近(っと言っても4年前に)家を建てました。
人生初の大きなお買い物。
沢山の資料を集め工務店を探しやっと巡り会えて契約したのが、
今の自宅の工務店さんでした。
初回の打ち合わせの時は、全く何をどう伝えれば分からなくて・・・

打合せが進むにつれて沢山のアイテムをチョイスしなければいけない時は、
本当に大変でした。
外壁のタイル・屋根の色、壁紙、ドア、床素材・照明の形etc・・・!!!
膨大な見本を一つ一つ見ながら、あれはこうで、これは、あーでなんて
デザイナーさんと何度も何度も打合せをしました。
とてもラッキーだったのはデザイナーさんや工務店スタッフさんがとても
親切で上手にイメージをさせてくれたこと。
私の希望を十分に聞き入れてくれたこと。
お蔭様で満足のいく家になりました。

工務店のスタッフさんや社長さんとよくお話していたのは、
「家創りとウエディングは似ている」と言うことです。

人生において重要なターニングポイントとなるこれらは本当によく似ています。

この工務店さんにお願いをして良かったなと心から思います。
家創りにおいて私の道標になって頂き安心して完成することが出来ました。
british-signpost[1]
私もお二人のウエディングの道標でありたい。
お二人が悩んだ時には一番ベストな方法をお伝えしたい。
そう想う今日この頃。そしてこれからもそうありたいと想います。

おやすみなさい。

カレンダー
« 8月 2018年5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
ウェディングプランナーへのお問い合せ
カテゴリー