親と子の正しい愛情=素晴らしい大人になると言うこと

私は親である。そしてウエディングプランナーでもある。
この仕事をしていると沢山の親御様にお会いする。そしてどんなに親御様が今まで大切に愛情深くご新郎ご新婦を育てられたのか、どんな風に教育をしていらっしゃったのか、段々と分かる気がして来た。
皆様本当に素晴らしい子育てをしてこの佳き日を迎えられたのだろうと想像出来る。時には厳しくもされたであろう。
打合せ時の会話やプロフィールを見て実際に親御様にお会いすると「なる程ね」と思う。
人に対しての振舞、言葉遣い、気遣いなど私は本当に多くの素晴らしいお客様と巡り会えたことに感謝している。
それと同時に親御様にも感謝したい。一晩中でもいいから子育て論をお伺いしてみたい。

ふと私自身の子育てはどうだろうと思うことが多々。
人様に対して不快な思いはさせていないだろうか・・・我が家は勉強はあまりとやかく言わない主義。
どちらかと言うと、放任まではいかないが割りとそれに近いと思われる。しかしながら道徳については半端なくうるさいと思う。
一度悪ふざけが過ぎそれを知った私は寝ている子供を叩き起こしブン殴ったことがあった。彼がまだ1年生だった。
当然彼は身が震える程、恐怖を覚えたと思う。私は言った「お前が今怖いと思った位に、相手も怖かったんだよ。」
彼に何よりも知って欲しいコト。明日にまで繰り越し出来ないコトは今教えておいておく必要がある。

彼は私の宝。そして命。彼以上に大切なモノはこの世に存在すらしない。私も彼に愛情を注いでいるが彼も限りなくそして惜しみなく私に愛情を注いでくれる。決して一方的でない愛の形だと信じている。

彼が大きくなってお嫁さんを貰う時、お互いが一緒になれて良かったと思えるように、そしてお相手のご家族にも「娘を託して良かった」と思えるような男に仕上がってもらいたい。

私がお手伝いさせて頂くご家族皆様はそんな思いを感じ取れる気がする。尊敬すらする。本当に凄い神業だと。

今、私が子供に教えてやれるコトは何だろう?子供が私に教えてくれるコトは何だろう?
子供は成長し、私もだんだん老いて行く。時が経つのは早くてそれをカウントできる時計なんてないから大切に時間を使って子供と一緒に素敵な人間になりたいと思う。そしていつか彼がお嫁さんを貰う日がきたらプランナーさんに「素敵な親子だよね」って思って貰えるような親子になりたい(笑)勿論、プランナーさんだけではないけれど(笑)
親子の正しい愛情表現は素晴らしい大人にするのだと確信する。なかなか難しいのだろうそんなことを最近よく思う。

今夜も息子の寝顔が半端なく可愛い。
34145621_480x480[1]

カレンダー
« 8月 2018年8月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
ウェディングプランナーへのお問い合せ
カテゴリー