紅葉しました♡

DSC_8403s[1]
軽井沢で楽しみな季節が訪れました。
綺麗ですね。
軽井沢は標高が高く朝夕の寒暖の差があるため見事な紅葉になります。
1本の木に赤・緑・黄色のコントラスト。
自然の美しさに毎年感動します。
いつもの道さえも贅沢にドライブが出来る気がします。

この時期はウエディングフォトも人気。
青く高く澄み渡る空と紅葉をバックにお二人の笑顔も弾けます。
黄金に輝く麦畑の中。「ここはどこ?」と思う位の世界が広がります。

明日も軽井沢で幸せのお手伝いの前に少し紅葉を眺めてきます♡

その一日を考える時

22739342_480x318[1]
間もなくハロウィンですね。
近所のモールではハロウィングッズが沢山販売され始めました。

オレンジとブラックが主体のカラー達。
子供達のワクワクする顔。
仮装をして「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!!」と家を回り
イタズラされては大変だ!!と大人達が沢山のお菓子を用意します。
キャンディ・クッキー・ガム等。今年は何を配ろうかと買い出しに行くことも
楽しみです。

今日は来年の結婚式の為に、家で一日中その日のことを考えていました。
1組1組違う日・時間・場所。
1組1組違う二人の歴史。
1組1組違うウエディングシーン。

お二人と交わした会話はプランナーにとって、とても重要なカギ。
ゆっくり思い出しながらノートにペンを走らせます。
いくつかのアイディアが生まれてきます。
そしてその時の沢山の笑顔。

その特別な一日を考えている時、とても幸せな気持ちになり私の心を豊かにしてくれます。

だんだんと寒くなって来ました。
どうぞご自愛くださいね。

道標でありたい

お打合せで毎回私が想う事。
それは、お二人の道標でありたいと想う事です。
resize[5]
結婚式はお二人にとって初めてのコト。
長いご準備期間中に悩んだり、思わぬ壁にぶつかったりと色々ありますね。

私は最近(っと言っても4年前に)家を建てました。
人生初の大きなお買い物。
沢山の資料を集め工務店を探しやっと巡り会えて契約したのが、
今の自宅の工務店さんでした。
初回の打ち合わせの時は、全く何をどう伝えれば分からなくて・・・

打合せが進むにつれて沢山のアイテムをチョイスしなければいけない時は、
本当に大変でした。
外壁のタイル・屋根の色、壁紙、ドア、床素材・照明の形etc・・・!!!
膨大な見本を一つ一つ見ながら、あれはこうで、これは、あーでなんて
デザイナーさんと何度も何度も打合せをしました。
とてもラッキーだったのはデザイナーさんや工務店スタッフさんがとても
親切で上手にイメージをさせてくれたこと。
私の希望を十分に聞き入れてくれたこと。
お蔭様で満足のいく家になりました。

工務店のスタッフさんや社長さんとよくお話していたのは、
「家創りとウエディングは似ている」と言うことです。

人生において重要なターニングポイントとなるこれらは本当によく似ています。

この工務店さんにお願いをして良かったなと心から思います。
家創りにおいて私の道標になって頂き安心して完成することが出来ました。
british-signpost[1]
私もお二人のウエディングの道標でありたい。
お二人が悩んだ時には一番ベストな方法をお伝えしたい。
そう想う今日この頃。そしてこれからもそうありたいと想います。

おやすみなさい。

母として仕事人として

秋は結婚式のトップシーズンでもありますが、
子供の行事も多いです。
今日は私のプライベートを少しご紹介します。
11519407_220x146[1]
私には今年小学校3年生になった男の子が一人います。
毎日30分かけて重いランドセルをしょって学校に通っています。
体が平均より小さいので今だにランドセルが大きく見えます。
勉強は大分心配な点が多いですが、性格は非常に明るく得意技は
「友達がすぐ出来て仲間になることが出来る」だそうです(笑)

9月は運動会・10月は遠足・日曜参観・親子ドッジボール大会。

私はウエディングプランナーと言う仕事柄、土日の行事は殆どNGでしたが、
フリーランスに転向して随分と彼の行事に参加することが出来るようになりました。
子供の成長を見れることは親としてとても幸せです。

東京からこちらに引越して来た時は、馴染めなくて東京のお友達を恋しがり
泣いた日もありました。
体が小さいから上級生に苛められ、心が裂けそうになった日もありました。
高熱を出し私から離れない息子を置いて行った時は、
この仕事を辞めようと車の中で泣いた日のことは忘れられない記憶です。

でも今でもプランナーをしている大きな理由の1つは、「僕のママはウエディングプランナー!!」
とお友達に自慢しているのを知ったからです。

私は彼の母であることを自慢に思います。そして何よりも彼の親になれたことを
幸せに思います。

母としてプロとして日々邁進して行く所存です。
そして息子と同じ位、ご新郎ご新婦が愛おしいのです。

ありがとう。

夏の余波(なごり)

写真
夏から今日まで放置し過ぎたMyFace
お気に入りグッズ達でちょっとご褒美です。
仕事を理由にサボった夏の余波が、キター/(-_-)\って感じです。

癒されたから、次のウエディングを作ります。

春・夏・秋・冬また巡る。
春・夏・秋・冬、一巡早し。

いい仕事してる。
春も夏も秋も冬も
これからもずっと。

freebies_025_thumb[1]

秋空の下で

秋はお天気が安定して空が一層に綺麗ですね。
そして黄金に輝く高原。
ここは長野の某所、標高2000mの場所です。
雲の上にいる感覚で場所によっては、雲の上にいます。
2
1
4
6

ここでウエディングの撮影をしたいと思ったのは、
私だけ?ではないはず。
爽やかな高原の風に吹かれながら撮影の妄想が弾みます。
フリーランスウエディングプランナーだからこそ出来るこんな妄想&
実現。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。

ドレスはこのラインでぇ。色はこれでぇ。ブーケは、こんな感じだよね?
花冠・・・イイじゃんそれ♡

私がやりたかったウエディング、心の中にフワーってあったのが頭で考えるようになって、
もう一回、心に戻してドキドキしてワクワクしたら、やっぱりこれで正解!!って
私の心と頭がOK出し。
結構どんどん実現していくことが多いここ最近。

イイト オモウ YO♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

セカンドプロポーズ

久しぶりにゆっくりとTVを見ていました。

「セカンドプロポーズ」と言う番組をやっていました。
結婚をして何年も経ってのプロポーズ。
夫婦になってからのプロポーズ。

日本人は普段、なかなか大切な人に感謝の気持ちを伝えることが
苦手ですよね。
だから余計にこのセカンドプロポーズは心に響いてくるのかも。

色々なことを乗り越えて、お付き合いしている間とは
間違いなく違う感覚。んな、甘いものではないんです。
「家族」になる覚悟ってのは自分だけの幸せを望むものではなくて
自分が相手よりもちょっとだけ損しても良いよってことなんです。
彼の家族も一緒に好きになって自分の父と母と同じ位、大切にするってことなんです。
なかなか難しいけど(笑)

子供が出来れば自分の命よりも大切な存在で、子供が小さければ小さい程、
大変で(本当に大変なのよ。子供一人を産んで育てるって)
それでも犠牲になってるなんて思わないことなんです。
女性は大変ですよね。子育てしたり家事したり、仕事との両立。
会社員の顔・妻の顔・ママの顔・女性の顔、たくさん持って。
誰に褒めて貰える訳でもないし、沢山お金を貰える訳でもなし。
だけど、結局「好き」なんでしょうね。「仕方ないじゃん」って
口では言っても大変で愚痴ったりすることもあるけど、
苦労しながらもテンパりながらも、頑張ることが出来る自分。
だって家族がいるから。だから頑張れるんだと思います。
カッコイイですよね。
日本人女性って。

なんか話が少しそれたけど、セカンドプロポーズ。
ちょっと、こんなのも有りだねって思った番組でした。

ちょっと一息.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。

10月に入りましたね。
気持ちが良い季節です。

秋は何をスタートするにも良い季節に感じるのは私だけでしょうか?

ウエディングのトップシーズンですね。
日本全国で幸せな時間が生まれます。

今日はぶらーっと立ち寄ったケーキ屋さんで、
私が大好きな紅茶を発見しました。
写真

写真1

WEDGWOODの紅茶です。
香りが最高です。
小さなティバックの中には紅茶葉・マリーゴールド花弁(この花弁と言うのが私にはグッと来ます)
が入っています。
好きな理由のもう1つはワイルドストロベリーが描かれているパッケージ。
無条件に好きです。大好きです。
どうしてこんなに素敵なのかしら♡
WEDGWOODの紅茶と美味しいcake(今日はレモンパイ)を頂きながら癒された後は、
またふらーっと軽井沢をお散歩しました。
写真3
紅葉が間もなくですね。
軽井沢の紅葉は感動的に素敵なので見頃になったらUPしますね。

秋を楽しみましょう。

カレンダー
« 9月 2013年10月 11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
ウェディングプランナーへのお問い合せ
カテゴリー