親愛なる仲間達へ

31576027_480x480[1]

私が安心して仕事が出来るのは全てのパートナー達のお蔭です。
お二人とゲスト様と私が当日最高な時間を過ごせるのは彼らの力があってこそ。
お二人の為に集まってくれてありがとう。
そして最高のパフォーマンスをしてくれてありがとう。

私はウエディングプランナーだから、ヘアメイクや司会・フラワーアレンジの技術はありません。
私はプロのウエディングプランナーだからプロと同じ目線で一緒に最高の一日を作りたいのです。
彼らの力の全てがスペシャルな一日と私を作ってくれています。

いつも無理言ってすみません。そしていつも快く「チームお二人」になってくれてありがとう。
これからも頼りにしています。

本人達に直接伝えると悪態をつかれるので(笑)独り言のように呟いてみます。

そして今年も始まったよ。ウエディングシーズン。頑張ろうね。
たまには私のことも労わってよ(笑)

久し振りの休日

子供も春休みに入り朝も早く起床しなくて良いから今日は久しぶりの休日。

私の尊敬する先輩のお宅へお邪魔して来ました。
我が家から車で40分位のところにあり山を2つ程越えるイメージです。
田園風景を抜け里の入口から始まるクネクネ道を登ったり下ったり。
お天気も良かったのでこれだけで良いドライブになりました。

彼女はお味噌仕込みをしていて、ちゃっかり去年物・5年物の信州田舎味噌を頂いて来ました。

今日は束の間の休息。パワーチャージ完了です。
山が笑い出す季節になったら登山の楽しみがあるので、それまで頑張ります。
山菜採りも間もなくです。

休息ってとっても大切。
是非皆様も信州に遊びにいらして下さいね。

29330799[1]

独立をすると言うこと

32280134[1]
とある雑誌の出版会社の方からご連絡を頂きました。
お話のポイント内容は「なぜ育児をしながら独立したのか?」
「なぜ東京生活から長野で生活するようになったのか?」
「フリーランスウエディングプランナーとは何か?」等々・・
なぜ?なぜ?だらけで少し混乱気味の私。

私が独立した理由を少しお話し致します。

母が書道家だった為、プロの姿をいつも見ていたからです。
彼女は私が小学生3年生だった時に小さな書道教室を開きました。
しかも当時は書道教室だけの収入だけでは足りなかったので、昼は事務仕事をしていたと記憶しています。
父の収入で十分なのに多分、母は自分の選んだ道と実力を確かめたかったのだろうと想像します。
昼は仕事、夕方から教室、私達の食事や世話を終えて自分の稽古とお手本作り。私は母と一緒に眠ったことがありません。

町の子供達を集めて最初は数人程度を教えていましたが、現在はまだ字が読めない小さな子供から90歳までのお年寄りまでお習字を教えています。
小学校だった生徒さんが今ではお母さんになり、その子供がお習字を習いに来ていて2世代生徒さんも少なくないようです。
全国でも有名な賞を生徒さんが頂いたこともありました。主婦の方達も沢山、習いにお見えになっています。

私達自分の子供にはとても厳しい母です。だから他人の子供にも厳しいです
思春期の子供達は反抗的ですが母には敵わないようで、
母に「あんたもうお稽古に来んでええ」(あなたはお稽古にこなくていい)と言われても次の日にはメールで「先生昨日はごめんなさい」と連絡が来るそうです。
残念なのは母がメールの操作方法を全く理解できていなくて返信をしないこと(笑)
子供達は「先生、まだおこっちょる?」(先生まだ怒っている?)
と何度メールが来てもスルー。ついには親御さんから「先生申し訳ございません。
〇〇も反省していますのでお稽古に行かせても良いでしょうか?」と電話を頂き、初めてそこでメールが来たことを知るようです。

少し話は逸れましたが、そんな母を見て私もいつの間にかプロになりたいと思い始めたのはごく自然なことと思っています。

私も独立する前まではプロデュース会社に勤務していて先輩や上司に沢山のことを教えて頂きとても恵まれていました。
フリーランスになって間もない頃はやはり母と同じように収入がなかったので、他の仕事に就いて時もありました。
その辺りは母と似ていますね。

独立をする時はさすがに一瞬の迷いもありました。反対の意見も頂いたこともありました。
でも今ではあの時の迷いに従って立ち止まらなくて良かったと思っています。

子育てをしているお母さんだって私なんて足元にも及ばないような事業展開をしている方は沢山います。

私は思います。雑誌の取材を受けるほど育児をしているお母さん達が独立や起業をすることってそんなに凄いことなのか?と。
私の想像はこうです。多分彼女達(私を含め)は、自分がやったことは凄いことなんて思っていないと。
そしてきっと共通点は上手に子育てを誰かに頼るってことでしょうか。
間違いなく誰かのサポートがなければ両立することは難しいでしょう。

一人で頑張っている訳ではないと思います。(勿論そういう方もいらっしゃるでしょうが)
一人で頑張る必要もないと思います。(私は一人で頑張れない人間です)

仕事もしたい。子育てもしたい。そんなささやかでちょっと欲張りなだけです(笑)
幸せを見つけるタイミングや幸せを感じる心の感覚は人それぞれだから、子供優先がとても幸せだなことと言うことを私は知っています。
(私は子供が小さい時はプランナーを辞めていたことは先のブログでもご紹介しています)

結果、私は雑誌に掲載して頂くほど凄いことなんてしていないのでごめんなさい(>_<)
掲載をお断りしました。
私は私のタイミングで私のしていることが凄いことだと思った時にお願いに上がるかもしれません。
その時はどうぞ宜しくお願い致します。

ささやかなことに幸せを感じることが出来る今が幸せでこれからも幸せでありたいです。
そんなエールをいつかお母さん達にお伝え出来る日を願って。

最近知ったコト

へぇ〜って最近知ったコトがありました。
3月4日はバームクーヘンの日なんですってね。
皆さん、ご存じでしたか?

バームクーヘン大好きな私としたことが・・・
この日にご入籍される型も多いとか。
バームクーヘン=丸=永遠と言う意味を持つそうです。
なるほど。

私達の身の周りで結婚式に関係する物と言えば真っ先に思いつくのが
指輪ですよね。

最近はバームクーヘン。
へぇ〜。
勉強になります。

明日も頑張って幸せのお手伝いをして来ます。
今日の空の青さが素敵過ぎました。
明日も同じ位の青さだったらいいな。

自分の道を歩く意味

32130098[1]
今週は軽井沢・東京・葉山・金沢と色々な場所でお仕事と沢山のご縁に恵まれました。
家に到着したのが夜遅くでしたが充実感と疲労感で心地良く、心は満たされています。

フリーランスに転向した時は、まさかこんなにも沢山の方達のご協力やご理解、
そしてチャンスに出会うとは夢にも思っていませんでしたが、
今は一つ一つの出来事に感謝しています。
仕事量とそれに注ぐパワーは会社務めの時よりも10倍はあると思います。

私は自分の選んだ道を少しずつでも良いから歩いて行きたいと思っていますし
お客様のご自分達が想い描く結婚式を叶えたいと心から思います。
私のHPの言葉にあるように「お二人の想い描くのはどんな結婚式ですか?」

場所・人数・おもてなしの仕方・お二人の歴史はそれぞれです。
ドラマがあり感動があり、その瞬間さえも異なります。

私は自分の道をこのまま歩き続けます。
そしてお客様のウエディングをもっと価値あるものにする為に心を尽くします。
それが自分の道を歩く意味なんだと思っているし自分を信じています。

お二人の人生の一頁に私を入れて下さったことに感謝して。

今夜もまだまだ眠れそうにないですが、お客様の笑顔と期待を思い浮かべながら、
そしてこれから出会えるであろうお客様の気持ちをイメージしながら
仕事をさせて頂きます。
皆さんは早く眠って下さいね。
明日もお仕事頑張って下さい。
ちょっと早いけど、お気を付けていってらっしゃい。
明日は今日よりも良い道が歩けると良いですね。

葉山ウエディングをスタート致します

????????? ??????????
初めて葉山へ行って来ました。
日本のリゾートを代表する葉山。
とても素敵で軽井沢とは違う感覚で時間が流れているのを肌で感じることが出来ました。

お洒落なお店も沢山あり、潮の香が心地良かったです。

この場所でどんなウエディングが出来るのか今からワクワクしています。

人々が大切に守ってきた築80年の日本家屋は外観も内観も繊細すぎるほど繊細で、
日本人のアイデンティティとルーツをはっきりと読み取れます。
日本家屋で行う伝統的な結婚式は私達が産まれて来た意味を今一度確認出来る日となるでしょう。

そしてデザイン性が高く美しい海を眼下に出来る別荘は、これから日本人がもっと世界へ
飛び立ち活躍出来ることを想像させるに値する感覚を私に覚えさせました。
海辺の別荘でスタイリッシュに行う結婚式はこれから先の明るい将来をイメージさせるでしょう。

フリーランスウエディングプランナーだからこそ出来る自由婚は
私がこの道をチョイスしたことに間違いは無かったと想えた日になりました。

葉山の美しさを結婚式の美しさを皆様にお届け出来たらとても嬉しく思います。

葉山では桜が咲いていました。
軽井沢は雪が舞っています(笑)

この気温差にめげることなく頑張ります。

繋いだ手の先に

今年初のウエディングを終えて今、帰宅をしました。
本日の軽井沢、朝少しだけ雪がちらつきましたが結婚式の時間には
ずっかりお天気も回復してとても穏やかな一日となりました。

今日お手伝いさせて頂いた結婚式
いつも寄り添うように一緒にいたお二人。
あまり口数は多くないけれど心根のとても優しいご新婦
いつも明るく誰にでも誠実なご新郎。

お二人が出会ってから沢山のことがあったそうです。
とてもとても辛く苦しい時期もじっと二人で寄り添いそして
高く険しい山道を乗り越えて来たのだろうと。

ご新婦がご新郎の為にサプライズDVDを制作してご披露。
ご新郎は大粒の涙を流され言葉すら出て来ない。
ご両家の親御様も顔を覆い涙されました。
「ありがとう」「ずっと側にいよう」「生きていて良かった」
各シーンに登場する短い言葉は、お二人をよく知る仲間・家族達に多くの
涙を誘いそしてあの会場内にいた全員(ゲストもスタッフも)に生きる意味と価値
・命の尊さ・誰かの為に生きようとする力強さをそして
「あなたがいてくれて本当に良かった」「あなたに巡り会えて幸せ」だと。
このパワーを感じなかった人間は誰一人としていないと確信しました。

いつもいつも手を繋ぎ、お互いの意見を尊重し信じきるお二人。
繋いだ手の先には、自由と愛に満たされた世界しかないと感じた1日でした。

本日は誠におめでとうございました。
暖かくなったらまたお会いしましょう。

待ち遠しい

3月に入りました。
こちら軽井沢も少しずつ暖かくなって来た気がします。
街の温度掲示板が摂氏を表示。何か月ぶりに見ました(笑)
景色はまだ冬の名残が存分にありますが、お日様のご機嫌麗しく春の足音が聞こえて
くるのは間もなくのようです。

春は無条件にワクワクしてきますね。
仕事の合間に軽装でお散歩に出掛けられることが何よりの楽しみです。
近くのサラサラと流れる川を見て、山笑う時期は、まだかまだかと浅間山を
眺め、気に入りのカフェでのんびりと過ごす。
想像だけで気持ちが高鳴ります。
花も植え替えたいし、今は雪に埋もれているクリスマスローズ達の
お目覚めも近そうです。
芽が動く前にクレマチスのお手入れもしなければ。

今週末は今年初のウエディング。いよいよ1年の始まりまりだな-と
実感しています。
春が待ち遠してくて、今年はどんな雰囲気でスタート出来るのか、
どんな人達にお会い出来るのか、とても楽しみです。
resize[1]

カレンダー
« 2月 2014年3月 4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
ウェディングプランナーへのお問い合せ
カテゴリー