goodな雲を見た

写真 1 (3)写真 2 (1)
外をプラプラ散歩中、こんな雲に出会った。GOOD
少し歩いて振り返るともう雲はなかったケド何か嬉しかった五感以上で感じる「嬉しい」

フリーランスウエディングプランナーがお手伝い出来るコト

フリーランスウエディングプランナーがお手伝い出来るウエディングのカタチは様々です。
「〜でなければイケない」と言う定義がありません。
例えば
結婚式会場で結婚式をしなければイケない➡NO
進行はこうでなければイケない➡NO
ヘアメイクさんやフォトグラファーはこの中から選ばなければイケない➡NO
ドレスは提携ショップから選ばなければイケない➡NO
引出物はここから選ばなければイケない➡NO
NOと言っても持込料がかかるのでは?➡NO

私が得意とする一つの手段として、会場でない場所でウエディング創りをお手伝いするコト。
まだまだ日本では結婚式場やホテルが会場の主流ではあるけれども最近少しずつそれに当てはまらないお客様が多くなりました。

それってどこ?答えは「様々な場所」です。ワイナリーであったり古民家であったり、貸別荘であったり、キャンプ場であったり。
だけど私は決して変わり種がオリジナルウエディングの全てではないと思っています。
その場所には沢山のゲストがお見えになる訳だからゲストの皆様が居心地がよくなければNG
リスクを予想し回避方法を立てチェックしセンスよくつくるコトが私の仕事。
その場所のオーナーさんと交渉してお客様の「こんな場所でウエディングがしたい」を叶えます。

日本のウエディングと海外のウエディングの大きな違いの1つが「場所」の選択。海外はどこででもウエディングをするから、本当に自由。フリーランスのウエディングプランナーが大半を占めているからアイディアも様々で「本当にしたいウエディング」が叶います。海外在住の友人曰く「何で日本はこんなに式場が多いのかが不思議」らしい。
下の写真も場所の一つです。決して結婚式場ではない場所。なんて素敵〜。海外暮らしが長かったオーナーさんも素敵でした。
写真 1 (1)
写真 2
写真 4

 

軽井沢の夏

今年も暑い夏をいかがお過ごしでしょうか?こちら軽井沢は爽やかな高原らしくとても涼しい一日を過ごすことが出来ます。
ここ最近は雨が続いていますが建物の中で心静かに雨音の旋律を聞いている時間も格別な時間だと思います。
ご存じでしたか?雨音は人間の脳をリラックスさせて考えコトをしたり新しいアイディアを探す時間にはとても良いらしいです。
私は今日、読書をしていました。雨音?と言うよりも豪雨でしたが(笑)
今年の4月〜8月初旬まで自分の時間をなかなか作れなかったので、一日中ゴロゴロしていて、子供の宿題も昨日で一段落着いたので今日こそは!!と一気に2冊の小説を読み終えました。その後は、先日終えたウエディングの一人回想タイム。楽しかったな。写真データが上がってきたらまたご報告します。

ところで、Oneday of 軽井沢
ふらりと車でドライブして涼しげなカフェがあったから立ち寄ってみました。小さなカフェと言うよりも茶屋という表現が当てはまります。
「冷たい珈琲」をオーダー。都会ならコーヒーがポンと出てくるのでしょうが、木のトレーに一輪の小花とお茶受けが一緒に出て来ました。
この心遣いが軽井沢らしい。他愛のない話をしたり、会話が途切れると近くに小川があるのでしょう。サラサラと小川の流れる音を楽しんだり。
鳥のさえずりに耳を傾けたり。苔蒸す庭を目で楽しみ、自然の香りを感じて。お金をかけなくても(ちなみに冷たい珈琲は500円)五感を十分に癒すことが出来ます。軽井沢は夏には涼を求めて多くの方が訪れる街です。そしてウエディングの聖地でもある街。美しい村。
軽井沢を拠点として色々な場所でフリーランスウエディングプランナーとして活動できる私はきっとこの静かな環境があるからこそ。
「真知子さんはいつもパワフルね」って最近よーく言われます。
写真 1
写真 3

編集作業

映像チームから届いた動画をチェックしています。
私がとても好きな映像チーム。一眼を駆使してそれはそれは美しい映画のような動画です。本日ご紹介するのはプロモーション撮影。
結婚式の楽しさやかけがえのない時間であることを私はブログやHPでお伝えしているのですが、もっとリアルに伝える必要があると思い、今回の撮影をお願いしたのです。

どのシーンをどんな風にスイッチすればコンセプトが伝わるのか。
どの位の時間で編集をすれば、心に響くのか。
私達が伝えたいことは何なのか。などなど議論を映像チームと私達とで重ねては編集を繰り返しています。
動画と音楽が心地よいリズムを作りだし心に沁みてくるシーンばかりです。

時の流れを感じて欲しくてお願いした「砂時計」の画。ここからストーリーは始まります。
人はそれぞれの環境や時間を過ごして今がありその経過を「何か」であらわすことが出来ないかな〜と思っていて閃いたのが
砂時計でした。ちなみにこれは1時間の砂時計。砂時計をしばらく見ていなかったので撮影時、慌ただしくしているスタッフを横目に見入ってしまいました。砂が落ちる速度は速いけど砂が溜まっていくのって思った以上に時間がかかるんだな。時間はこんな風にして重なって行くんだな。
写真 1
ゲストの皆様が楽しそうにシャンパンを片手にこれから始まる時間を予想させるシーン。何度もテイクをお願いしました。
「リラックスして下さいね」なんて気軽に私は偉そうに言っておりますが実際は、皆さん目茶目茶楽しそうでした。撮影チームも一緒に楽しそうで、撮られる側と撮る側のテンションが同じことがどんなに重要かを知ります。
写真 2
0021
写真 3

等々沢山のシーンの中から編集を今も頑張って下さっているスタッフには頭が上がりません。
早く皆さんにもお届けしたです。出来上がり次第UPしますのでお楽しみに!!

カレンダー
« 7月 2014年8月 9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
ウェディングプランナーへのお問い合せ
カテゴリー